お探しの記事はココ

グラフィックモニターの基本|呼吸器のモードの正常波形を知る

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

前回、人工呼吸器のモードについてお話しました。

これで苦手克服!人工呼吸器のモード基礎まとめ

 

非常に反響があり、人工呼吸器への関心を垣間見た気がします。

そこで、今回から人工呼吸器の基礎として「グラフィックモニター」についてサクッと解説していきます。

すいる
この波形ってどういう意味?
すいる
っていうか、波形に意味なんてあるの?

こういう方にオススメです。

 

今回は、グラフィックモニターの基礎として、「モードごとの正常波形」についてお話していきます。

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

正常な波形を覚える意義

 

今回の記事では、正常波形をメインに扱っていきます。

すいる
正常波形だけ?
ねこ先生
そう、基本をわからずして応用なんてわからない。

正常波形を知って異常波形に気付くウォーミングアップをしていきましょう。

 

また、モードごとの波形をしっかり区別して覚えてみましょう。

ねこ先生
モードごとの正常な波形を覚えることで、「自発呼吸が出ている」とか「強制換気が入っている」とかが見えてくるんだ。
すいる
できるかなー?
ねこ先生
まずは正常なグラフィックモニターを覚えよう。

まずは正常波形を覚え、次に異常な波形を読み解く練習をしていきましょう。

VCV波形

 

ここでは、人工呼吸器のモードのひとつであるVC:ボリュームコントロールについてお話します。

すいる
どんなモードなの?

そんな方には、コチラの記事で復習してみましょう。

人工呼吸器のモードの基礎!VCV(従量式換気)のメリット・デメリットを考える

ぜひ、復習してからこの項を読んでみてください。

 

では、さっそくVCVの正常波形を見ていきましょう。

上から順に

気道内圧

フロー

換気量

これらを波形として表示しています。

PCV波形

 

ここでは、人工呼吸器のモードのひとつであるPC:プレッシャーコントロールについてお話します。

すいる
どんなモードなの?

そんな方には、コチラの記事で復習してみましょう。

人工呼吸器のモードの基礎!PCV(従圧式換気)のメリット・デメリットを考える

ぜひ、復習してからこの項を読んでみてください

 

では、さっそくPCVの正常波形を見ていきましょう。

上から順に

気道内圧

フロー

換気量

これらを波形として表示しています。

すいる
全体的にVCVと比較して、丸っこい感じに見えますね。
ねこ先生
そう、丸っこいかは別として「VCV」と「PCV」の波形は、よく見ると違うということに注目して欲しい。

モードによる気道内圧波形の比較

 

では、ここで今ご紹介したVCVとPCVの気道内圧波形の違いを見ていきましょう。

 

コチラが基本的なフロー波形になります。

VCVとPCVを比較したのがコチラです。

上がVCVで下がPCVになります。

 

VCVの特徴

  • 吸気終末でピーク圧

 

PCVの特徴

  • 吸気開始後すぐにピーク圧

これだけでも、VCVとPCVの波形の違いが見えてきましたね。

すいる
吸気の始まりと終わりと見るのがポイントですね!

 

MEMO
PCVの方が立ち上がりは方は鋭いが、VCVとPCVとともに同じ一回換気量であれば、ピーク圧はPCVの方が低い。

モードによるフロー波形の比較

 

では、ここで今ご紹介したVCVとPCVのフロー波形の違いを見ていきましょう。

 

コチラが基本的なフロー波形になります。

VCVとPCVを比較したのがコチラです。

上がVCVで下がPCVになります。

 

VCVの特徴

  • 毎回一定の換気量を保つため、毎回同じ波形となる

 

PCVの特徴

  • 気道内圧を一定に保つようにフローを調整するため、形が変形する可能性がある。

これだけでも、VCVとPCVの波形の違いが見えてきましたね。

CPAP/PS波形

 

ここでは、人工呼吸器のモードのひとつであるCPAP:シーパップ、PS:プレッシャーコントロールについてお話します。

すいる
どんなモードなの?

そんな方には、コチラの記事で復習してみましょう。

人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

ぜひ、復習してからこの項を読んでみてください

 

では、さっそくCPAPの正常波形を見ていきましょう。

これらを波形として表示しています。

 

では、次にPSの正常波形を見ていきましょう。

これらを波形として表示しています。

最後に

 

今回はグラフィックモニターの基礎として、「モードごとの正常波形」についてお話しました。

普通を知って異常を知る。

基本を理解して応用に取り組む。

グラフィックモニターも正常な波形を知って、波形の変化に気付けるように一緒に学んでいきましょう。

 

人工呼吸器のモードを、それぞれ振り返ってみましょう。

これで苦手克服!人工呼吸器のモード基礎まとめ

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です