お探しの記事はココ

人工呼吸器のモードの基礎!PCV(従圧式換気)のメリット・デメリットを考える

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

今回も臨床工学技士と縁の深い人工呼吸器のお話。

それも、臨床でよく使われる「人工呼吸器の基礎の基礎」となるモードのお話です。

すいる

プレッシャーコントロール?

すいる

量?圧?よくわからない。

こういう方のために、現役の臨床工学技士ができるだけわかりやすくお伝えしようかと思います。

 

基礎の基礎であるPCV:従圧式換気についてお話します。

ではでは、今回もはりきっていきましょう!

 

人工呼吸器のモードについておさらいしてみませんか?

人工呼吸器のモードの基礎!VCV(従量式換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!SIMV(同期式間欠的強制換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

 

PCV:従圧式換気の特徴

 

それではPCVについて見ていきましょう。

PCVとは
英::pressure control ventilation
設定した吸気圧や吸気時間を規定して換気を行う様式。
肺や気道の状況によっては一回換気量が変化し、過膨張や低換気を起こす可能性があるので注意が必要。

 

一番の特徴として以下のことが挙げられます。

 

特徴

  • 圧を規定する
  • 吸気の終わりは時間・吸気流量

 

キーワードは、何度も言いますが「圧」が大いに関係するようです。

PCVのメリット

 

設定した「圧」を送ることができるPCV。

 

メリット

  • 肺保護しやすい
  • 吸気流量が患者さんの状態に応じて可変

 

グラフィックモニターで見てみると、吸気流量を一気に送気しその後減っていく波形となるため、PCVはVCVと比較して「同調性が良い」とも言われています。

同調性の良さは、PCVの吸気波形の立ち上がりの速さが関係しています。

また、圧力を規定しているため、少々のリークでも換気量が比較的保たれるという点もひとつのメリットかと思います。

PCVのデメリット

 

物事にはイイことばかりでなく、悪いこともある。

PCVにも当然デメリットはあります。

 

デメリット

  • 1回換気量が不安定
  • 吸気時間が短いと一回換気量が減少する

 

コンプライアンスの状態により、一回換気量が変化してくるため「換気量の変化」に注意!

一回換気量を設定する上での注意点

 

前回のVCV(従量式換気)の記事でも触れました「至適な一回換気量」の求め方について。

実は、PCVにも当てはまる項目があるのでお話していきたいと思います。

 

肺保護的な換気をするためには、むやみやたらに一回換気量を設定してはいけません。

ARDSを対象としたRCTでは「低容量換気が予後を改善する」との報告があります。

その後、ARDSのみならずすべての疾患で人工呼吸器関連肺障害を防止するために低容量換気が推奨されるとのこと。

 

前回の復習だな。

ねこ

すいる

…そうですね。
…(こいつ忘れてたな)。

ねこ

ガイドライン上では6-8mL/kg・吸気プラトー圧30cmH2O以下で設定することが推奨されると記されています。

吸気プラトー圧は「酸素化の指標」としても使われていますね。

すいる

そ、そうですね!

また、よく勘違いされがちなのが、肺胞にかかる圧力は最高気道内圧ではなくプラトー圧です。

すいる

これは要チェック!

PCVにおける「吸気プラトー圧30cmH2O以下」で設定することは、VCVと比較して簡単に思えますがここでいくつかの注意点を挙げておきます。

 

注意点

  • 十分な吸気時間を設定する
  • 吸気終末流量が0になっているか

 

この2点に注意する必要があります。

この図のように、「吸気流量が0」になっているかを確認しましょう。

 

また、コチラのフロー波形も非常に興味深いです。

  • 上:正常波形
  • 真ん中:吸気時間が短い
  • 下:吸気時間が長い

 

「適切な吸気時間になっているか?」「1回換気量が減っていないか?」に注目しながらモニタリングしていきましょう。

すいる

波形っていろんなことがわかるツールなんだな!

吸気流量が0になっていない場合、auto PEEPを疑います。

 

auto PEEPが生じやすい病態

  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • 気管支端息
  • 気道熱傷
  • 頻呼吸

 

などなど。

これらの病態のときには注意してフロー波形を見ていきたいところですね。

最後に

 

今回は「PCVのメリット・デメリット」についてお話しました。

前回お話したVCVと、単たる「量」「圧」だけの違いだけでないことがおわかり頂けたでしょうか?

臨床の場で使用されることが多い代表的なモードを理解して、人工呼吸器の1番の目的を達成できるように心がけていきましょう!

 

人工呼吸器のモードを、それぞれ振り返ってみましょう。

人工呼吸器のモードの基礎!VCV(従量式換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!SIMV(同期式間欠的強制換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる

キカイガキライでした。バイ!

 

【参考文献】

1)野口裕幸 他 ナース専科呼吸ケア.2012年12月増刊号

2)小野口邦彦 ER・ICU診療を深める①救急・集中治療医の頭の中ver.2

3)Ventilation with lower tidal volumes as compared with traditional tidal volumes for acute lung injury and the acute respiratory distress syndrome.The Acute Respiratory Distress Syndrome Network.N Engl J Med 342:1301-1308,2000

4)小谷透 呼吸管理の実際 日本内科学会雑誌 第100巻第6号・平成23年6月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です