お探しの記事はココ

NPPVの基礎!メリット・デメリットを理解する

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

前回はNPPVのマスクフィッティングについてお話しました。

 

現役臨床工学技士が教える!NPPVのマスクフィッティングの基本

 

マスク型の人工呼吸器の目的やメリット・デメリット、限界を知ることで、患者への関わりが変化してくるかと思います。

NPPVを扱う臨床工学技士こそ、患者との信頼関係を保ちながら導入から管理までをスムーズにしていくべきです。

今回は、NPPVについての基礎的な事項について触れていきたいと思います。

 

人工呼吸器のモードについて復習してみませんか?

人工呼吸器のモードの基礎!VCV(従量式換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!PCV(従圧式換気)のメリット・デメリットを考える

なぜNPPVなのか?

 

当院では高齢な患者が多い為か、DNARの方が大多数を占めます。

DNARとは

蘇生措置拒否(そせいそちきょひ)とは、終末期医療において心肺停止(CPA)状態になった時に二次心肺蘇生措置(ACLS)を行わないこととされる。

※Wikipediaより引用。

このDNARが非常に難しく、日本集中治療医学会からDNARのあり方について勧告があったほど。

参考 DNAR(Do Not Attempt Resuscitation)の考え方

 

当院のDrにDNARの線引きについて聞いてみても、「難しい、まだわからない」の返答だけでした。

 

DNARに付いてくるのが挿管拒否。

人の尊厳がありますからね、これは個々の問題かと思います。

その中でも、呼吸不全患者に対して精一杯の努力をしなくてはいけない。

すいる

そこで活躍?するのがNPPVです。

NPPVの呼び方

 

NPPVは下記の頭文字を取った略語です。

呼び方

Non-invasive Positive Pressure Ventilation

非侵襲的陽圧換気療法

ちなみに他の表記もあります。

 

表記の仕方

  • NIV
  • NIMV
  • NIPPV

 

いろいろありますねー。

総称として、「ニップ」と呼ぶことが多いです。

MEMO
「エヌアイピーピーブイ」と呼ぶことも。

すいる

こんなにあってどうすんだ(笑)。

NPPVを利用する意義

 

呼び名が沢山ある非侵襲的陽圧換気療法。

利用する目的やメリットを見ていきます。

目的

 

大きく3つの目的があります。

 

目的

  • 肺胞低換気を正常化
  • 肺気量の増加
  • 呼吸筋の負荷を減らす

 

これだけ見ると、挿管型の人工呼吸器と変わらぬ効果が期待できそうです。

 

特に、COPDの急性憎悪の患者によく使用しています。

エビデンスレベルも強く勧めており、有効性も強く期待できます。

この目的・作用がある為、、現在では、急性期から慢性期、在宅までと多岐に渡って使用されています。

メリット

 

では、NPPVのメリットはどの様なものがあるのでしょうか?

 

メリット

  • 侵襲度が低い
  • 簡便に導入可能
  • QOLの向上と全身管理のしやすさ
  • 感染の機会の減少

 

などなど、メリットは大いにあります。

すいる

マスクである良さが存分に出てる!

逆に挿管されていないことが、どれだけ大変なのかがわかるメリットとも言えます。

何より、QOLの向上は患者や家族にとって、どれだけ恩恵があるのかははかり知れません。

NPPVの限界

 

物事には良いことだけではありません。

NPPVのデメリットや限界を見ていきましょう。

デメリット

 

では、NPPVのデメリットはどの様なものがあるのでしょうか?

 

デメリット

  • 患者本人の拒否で導入が難しい
  • 気道と食道の分離(気道確保)ができない
  • 離脱の判断が難しい
  • 医療スタッフの習熟と慣れが必要

 

などなど。

ここらのメリット・デメリットは、在宅導入時での説明はなおのこと必須です。

 

臨床工学技士と在宅医療との関わり!在宅医療機器の導入の実際の流れを見てみよう

 

どんな検査や治療においても、事前の説明が不足すると有益な成果は得られません。

NPPVにおいてはそれは顕著です。

 

当然ですが、スタッフがどれだけNPPVを取り扱えるかが問題となってきます。

そこで重要になってくるのが「スタッフへの教育」

臨床工学技士と教育は切っても切れない関係です。

すいる

スタッフへの教育が鍵となるのならば、臨床工学技士の責務は非常に重いですね。

限界

 

NPPVにも限界はあります。

 

限界

  • NPPVを使用しても患者の症状が改善しない
  • 動脈血ガスが改善しない
  • NPPVの受け入れが悪い・拒否
  • 意識レベルの悪化

 

などなど。

ここまで来ると、挿管に移行することを検討した方がいいでしょう。

すいる

いろいろなケースを想定していた方がいいですね。

 

人工呼吸器のモードについて復習してみませんか?

人工呼吸器のモードの基礎!SIMV(同期式間欠的強制換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

最後に

 

今回はNPPVの基本として「NPPVとは・目的から限界まで」についてお話しました。

全てが基本的な事項なので、今更感は否めませんが、基本こそ大事。

あなたの知識をわかりやすく患者に伝えられますか?スタッフに説明出来ますか?

自分が分かっていればいいというものではありません。

input/outputをしながら、周りを含めて成長していきましょう!サイクルが出来てしまえば、成長する為の努力は、労力とは思えなくなりますよ。

 

NPPVを利用する際も、モニタリングは必要です。

SpO2のモニタリングについて考えてみましょう。

過剰な酸素投与してませんか?SpO2100%の意味を考えてみる

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる

キカイガキライでした。バイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です