キカイガキライ

先輩から新入社員へ!さらなる成長をとげるために必要な心構えを伝授

time 2018/10/11

先輩から新入社員へ!さらなる成長をとげるために必要な心構えを伝授

どうも、クソキカイガキライMEブロガーすいる(@me_swill)です。

 

春に入職された方は、ずいぶん仕事に慣れてきたのではないでしょうか?

 

人間関係・仕事・生活…。

この全てが、学生時代から一変した方も多いと思われます。

すいる
ヘトヘト…。

 

春からのドタバタも今は収まり、先輩からの指導や指摘も少なくなってきた頃かと。

すいる
少し余裕が出てきたなー。

 

そんな時こそ、あえて先輩にこう伝えましょう。

「私はもっと成長したいんです!」と。

 

今回は自分自身が成長するために必要な、心構えについてお話します。

sponsored link

ぬるま湯に浸るだけの生活を望むか

 

数をこなせば誰でも出来るようになるルーチン業務。

誰でも出来るからといってバカにしてはいけない。

すいる
立派な仕事です!

 

ただ、私が1番恐れているのは、考えることを止め、ぬるま湯に浸ること。

 

なぜか?

 

止まるんですよ、成長が。

 

想像してみて下さい。

ずーっとこのままの状態で、何もかもがストップしている自分自身を。

怖くないですか?

 

ぬるま湯は確かに楽。気持ちいい。

でも、気付いたら冷たーいお水になっているかも…。

すいる
ぬるま湯は入浴の時だけにしましょうか。

 

ぬるま湯に浸り、成長を止めていいのか?

指導・指摘される贅沢さ

 

では、成長するためにはどう考え、どう動くのか?

 

それがわかる人は、今読んでいるこの記事を閉じましょう。

時間の無駄です。

他に優れた記事や本が無数にあります。

すいる
仕方ない、続きを読んでみるか…。

 

思い出してください。

春に入職して、バタバタでイライラすることも多数あったと思います。

ただ、学ぶべきことも多かったはずです。

自分が成長しているなと、実感する瞬間があったはずです。

 

もう一度、入職した時と同じような環境になれば、成長することが出来るのではないでしょうか?

 

多くの新人さんは、ある程度業務を覚え、1人で業務遂行することが多くなったはずです。

入職した当時、すぐ傍にいた先輩も別々で仕事をしているかと思います。

すいる
どうですか?

 

ちゃんと疑問に感じたことは、すぐに先輩に聞いていますか?

 

得てして、ルーチン業務の悪い所は、疑問に感じた点があったとしてもこなせるところ。

先輩に聞かずとも、ひと通りこなせるところなんです。

 

疑問に思ったら、業務で困ることがあったら先輩に聞いてみましょう。

「教えてください。」

少し背伸びをして、学ぶ環境に身を置いて見ましょう。

その瞬間から、成長するチャンスが訪れているかもしれませんよ。

何歳になっても成長を止めるな!

 

これはつい最近の出来事です。

私より、年下のSさんにこう言われました。

さぼさん
伝えたいことはわかるんですが、内容がバラバラです!
すいる
ストレート!!

 

このように、自分でやっていることが正しいと思っていても、周りから見たら全くの間違いであることも往々にしてあるんもんです。

実はこの発言、あの有名なCEブロガーに教えを乞うた結果です。

有名な臨床工学技士ブロガーからブログコンサルを受けた結果

 

先輩・後輩なんて関係ない。

おじさん・おばさんなんて関係ない。

 

学ぶ姿勢があれば、ぬるま湯から抜け出すことが出来る!

最後に

 

今回は「さらなる成長をするために必要なこと」についてお話しました。

ぬるま湯に浸かっていることが悪いことじゃない。

そこで満足することが危険だと感じているんです。

いろんなスタンスがあるし、一概には何が正しいのか・何が間違いなのかは断言できません。

10年後のあなたはどうなっているのかを、少し立ち止まって考えてみてる必要があるかもしれませんね。

プライベートを大事にするのか。

仕事を大事にするのか。

迷ったら、この記事を参考にしてみてください。

仕事とプライベートを分けて考えてませんか?どちらも「自分」だということを再認識してみよう

何かのヒントを得ることが出来たら幸いです。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

sponsored link

down

コメントする




マインド・コミュニケーション

大学院




自己紹介

すいる

すいる

臨床工学技士として、入職し早10数年。インプットは増えども、アウトプットは増えない。 20代30代に出来ることをやっとかないと、40歳以降が本当に怖い。 何でも自分のプラス材料になると考え日々奮闘中です。

効率的な情報収集はコチラ

follow us in feedly



sponsored link