お探しの記事はココ

補助循環装置の基礎|大動脈バルーンポンピング(IABP)の基本のキホン

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

補助循環装置のひとつに、大動脈バルーンポンピング:IABPがあります。

すいる
普段あまり触れることのない機械だから、どこを見ればいいんだろう?
すいる
IABPってどういう時に使うの?

今回は、IABPへの不安を感じているスタッフのために、現役の臨床工学技士が基本の「キ」をサクッと教えちゃいます。

 

ではでは、今回もはりきっていきましょう!

 

コチラもチェック!

臨床工学技士はどこまで出来る?!心カテにおける業務範囲についての検討

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

大動脈バルーンポンピングとは?特徴は?

 

それではIABPについて見ていきましょう。

 

IABPとは

英:intra-aortic balloon pumping
心臓の動きに合わせて、バルーンを拡張・収縮させる。
心電図・動脈圧波形に同期させバルーンを動かし、種々の効果を得る。

 

一番の特徴として以下のことが挙げられます。

 

特徴

  • 心臓に対して圧力による補助を行う。
  • 冠動脈血流量の増加や平均動脈圧の上昇、後負荷軽減などの効果がある。

 

 

キーワードは、「冠動脈血流量の増加や平均動脈圧の上昇、後負荷軽減などの効果がある。」が大いに関係するようです。

 

コチラもチェック!

臨床工学技士は除細動器を使用出来る?業務指針から考える妥当性と現実

IABPの効果

 

キーワードに挙げられた「冠動脈血流量の増加や平均動脈圧の上昇、後負荷軽減などの効果がある。」について見ていきましょう。

 

すいる
IABPの効果やメリットってどんなものがあるんだろう?

 

まず、IABPの効果について見ていきます。

 

効果

  • 冠動脈血流量の増加
  • 平均動脈圧の上昇
  • 後負荷の軽減
  • 心仕事量の軽減
  • 心筋酸素消費量の減少

 

すいる
すごい!バルーンを膨らませたりしぼませたりしているだけで、こんな効果があるんですね!
ねこ先生
やみくもにバルーンを拡張したり収縮したりしているのではなく、タイミングを見計らって動作させているんだ。
すいる
IABPってすごい!

バルーンの拡張・収縮するタイミングと効果

 

先ほどご紹介したIABPの効果は、適切なバルーンのタイミングあってこそのものとなります。

 

すいる
いったいどんなタイミングでバルーンを膨らませるんですか?
ねこ先生
それはだな…。

 

以下に、心臓とバルーンの拡張と収縮のタイミング、それに伴うぞれぞれの効果を説明していきます。

 

バルーンが拡張するタイミング

 

風船が膨らむ

ねこ先生
バルーンが拡張するタイミングは、心臓が膨らんだ「拡張期」にバルーンが膨らむんだ。
すいる
えーっと、つまり?
ねこ先生
下のような関係になるんだ。

 

心臓の拡張⇔バルーンの拡張

 

また、バルーン拡張時により得られる効果は以下の通り。

 

  • 冠動脈血流量の増加
  • 平均動脈圧の上昇

 

バルーンが収縮するタイミング

 

風船がしぼむ

ねこ先生
バルーンが収縮するタイミングは、心臓がしぼんだ「収縮期」にバルーンがしぼむんだ。
すいる
えーっと、つまり?
ねこ先生
下のような関係になるんだ。

 

心臓の収縮⇔バルーンの収縮

 

また、バルーンの収縮時により得られる効果は以下の通り。

 

  • 後負荷の軽減
  • 心仕事量の軽減
  • 心筋酸素消費量の減少

 

注意
適切なタイミングでバルーンを動作させなかった場合、逆に心臓への負荷となります。

 

ねこ先生
しっかりとタイミングを見計らいたいところだな。
すいる
これは要チェック!

 

「タイミング」の詳しい説明は下の記事で復習しましょう。

コチラもチェック!

補助循環装置の基礎|バルーンの拡張と収縮のタイミングを知る

IABPの適応・禁忌

 

では、IABPはどのような病態が適応と考えられるのでしょうか。

 

適応

  • 心原性ショック
  • 難治性心室性不整脈
  • 急性冠症候群
  • 心筋梗塞による機械的合併症

など

 

次にIABPの禁忌を見ていきましょう。

 

禁忌

  • 重症大動脈閉鎖不全症
  • 大動脈解離・胸部腹部大動脈瘤
  • 高度な閉塞性動脈硬化症

など

 

すいる
うーん、すべての症例にIABPの適応となるわけではないということなんですね。

最後に

 

今回は補助循環装置のひとつである「IABP」についてお話しました。

IABPの適応・禁忌を知り、どんな動作をし、どんな効果があるのかを理解しておきましょう。

ただし、IABPの機械ばかり見ててはダメです。
あくまで装着された方を中心に物事を見ていきましょうね!

 

要チェック!

補助循環装置「IABP」の基礎まとめ!適応から抜去方法までサラッと学ぶ

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

 

2 COMMENTS

アバター 筋斗雲

お久しぶりです。
誠に勝手ながらいつもブログの方拝見させていただいています。

IABPについて2つご質問があります。

1つ目はIABPとPCPSの併用についてです。すいる様のご施設ではPCPSの症例ではIABPも併用するでしょうか。

2つ目はPCPSとIMPELLA2.5の併用についてです。また、どのような基準でIABPとIMPELLA2.5を使い分けているでしょうか。

お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

返信する
すいる すいる

お久しぶりです、筋斗雲さん

早速ですが質問に答えたいと思います。
1つ目
当施設では、正直PCPSの症例が非常に少ないです。
ですので、併用というのは私自身経験がありません。
(そもそも、私がPCPSにあたりません…。)
2つ目
IMPELLA2.5も使用したことがありません。
以上。
と言うと、非常に寂しいので、私が所属している「CEぷらす」のメンバーにPCPSとIMPELLA2.5についての質問を挙げました。
以下、引用文です。
ECMOはもちろん循環と呼吸補助、IMPELLAは肺うっ血防止用のLVベントとしてうちは使用しています。
とのことです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策です)