お探しの記事はココ

NPPVのモードの基本|Tモードの特徴や適応を知る

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

今回は臨床工学技士と縁の深いNPPVのお話。

それも、臨床でよく使われる「NPPVの基礎」となるモードのお話です。

すいる
てぃーもーど?
すいる
使わないモードだよね?

こういう方のために、現役の臨床工学技士ができるだけわかりやすくお伝えしようかと思います。

 

NPPVのモードの基礎であるTモードについてお話します。

ではでは、今回もはりきっていきましょう!

 

NPPVの基礎はコチラ!

NPPVの基礎!メリット・デメリットを理解する

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

Tモードの特徴

 

それではTモードについて見ていきましょう。

 

Tモードとは
英::timed mode
設定した圧や呼吸回数などを規定して換気をする様式。
自発呼吸の有無に関わらず、設定した呼吸回数で、設定した圧・吸気時間を換気をする

 

一番の特徴として以下のことが挙げられます。

 

特徴

  • 圧を規定する
  • 自発呼吸の有無にかかわらず換気をする

 

キーワードは、「自発呼吸の有無にかかわらず換気をする」が大いに関係するようです。

 

コチラもチェック!

NPPVのモードの基本|Sモードの特徴や適応を知る

Tモードの波形・ポイント

 

自発呼吸の有無にかかわらず換気をするとされるTモード。

では、一体どのような波形になるのでしょうか?

Tモードの波形はコチラ。

Tモードの波形

設定された圧力を設定された呼吸回数・吸気時間などで換気します。

また、このモードのポイントとして以下のことが挙げられます。

 

 

ポイント

  • 自発呼吸の有無にかかわらず強制換気を行う
  • 自発呼吸と同期しない

 

すいる
これこそ「強制換気」ですね。
ねこ先生
確かに、決まった圧力を決まった呼吸回数・吸気時間で換気するからね。

ただ、ひとつ注意点があります。

すいる
注意点?
ねこ先生
決して自発呼吸が不要なわけではないということ。
すいる
うん?
ねこ先生
詳しくは後で!
すいる
ふーん…。そういえば、この人工呼吸器のモードに似たようなモードがあったような?

コチラもチェック!

人工呼吸器のモードの基礎!VCV(従量式換気)のメリット・デメリットを考える 人工呼吸器のモードの基礎!PCV(従圧式換気)のメリット・デメリットを考える

 

すいる
でも、このTモードって使われるんですか?
ねこ先生
どうして?
すいる
強制換気だったら、すぐマスクを着けることを断念しそう…。
ねこ先生
そこらへんも後ほど説明しよう!

 

要チェック!

NPPVの基礎!メリット・デメリットを理解する

Tモードの適応・効果

 

では、Tモードはどのような病態が適応と考えられるのでしょうか。

 

適応

  • 拘束性換気障害
  • 急性期を脱した安定期のCOPD
  • SモードやSTモードでしっかりとトリガーできない・効果が得られない

などなど、呼吸筋を伴う症例や長期導入症例などでTモードがふさわしいと考えられています。

すいる
これは意外だ!!
ねこ先生
どうしてだ?
すいる
実は、Tモードなんて臨床であんまり使わないから、こんな適応があるなんて意外だなーって。
ねこ先生
それぞれのモードに役割があるし、肝心要の患者さんに適したモードがあるということを忘れてはいけないね。

 

このモードの効果はコチラです。

 

効果

  • 呼吸筋活動の休息

 

このモードの一番のポイントとして、呼吸筋の休息効果が挙げられます。

すいる
えー!?呼吸筋の休息?
ねこ先生
そんなに驚くか?
すいる
だって、自発呼吸がある状態で強制的に送気されてるわけでしょ?逆に疲れそう…。
ねこ先生
では、次の項を見ていこう。

長期継続が期待できるモード

 

以下に、興味深いデータがあります。

全113症例でのTモードとSTモードにおける長期NPPV継続率は,1年後が94%と97%,3年後が84%と60%,5年後が70%と50%,7年後が63%と21%,9年後が50%と0%とTモード群で有意にすぐれていた

※非侵襲的換気療法研究会「呼吸器系慢性呼吸不全における長期NPPV」より引用

このデータを初めて見た時、非常に驚いた記憶があります。

先ほど少し出しましたが、正直臨床でTモード単体で使用したことがなかったんです。

で、どちらかというと「いらない」・「おまけ」のようなイメージでTモードを軽視してきました…。

そんな中で、上記の研究結果を目の当たりにしたので、正直「ほんまかいな!」と思ったのが本音(笑)。

 

 

急性期から脱し、慢性期に移行したCOPDの方が在宅でNPPVを使用する際に有用ではないかと考えられます。

すいる
ここらは、私自身でも研究していきたいです!

ただ、Tモードは強制換気。

Tモードを導入する際のポイントとして、ひとつ注意点があります。

 

注意点

  • 強制換気に自発呼吸を合わせる
すいる
は?どういうこと?
ねこ先生
つまりはこうだ。

 

  • SモードやSTモード
    自発呼吸→送気
  • Tモード
    送気→自発呼吸

 

ポイントとしては、機械からの送気に合わせて呼吸してもらう!

このように患者さんに伝え、NPPVつまりはTモードに慣れてもらい、在宅への移行に備えます。

すいる
ここは臨床工学技士の腕の見せどころですね!

 

要チェック!

NPPVの基礎!メリット・デメリットを理解する

 

NPPVの詳しい説明は、下記の本が参考になります。

すいる
私も参考にしてます!

最後に

 

今回は「Tモードの特徴・適応」などについてお話しました。

もしかしたら、なかなか使用する機会が少ないモードかもしれませんが、特徴や適応を知ることは大切です。

それぞれのメリット・デメリットを理解し、最大限の効果・最良の結果を期待したいですね。

 

要チェック!

【ササッと復習】人工呼吸器まとめのまとめ

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

 

 

【参考文献】

1)坪井 知正 呼吸器系慢性呼吸不全における長期NPPV・非侵襲的換気療法と血液ガスの関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です