お探しの記事はココ

NPPVのモードの基本|CPAPモードの特徴や適応を知る

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

今回は臨床工学技士と縁の深いNPPVのお話。

それも、臨床でよく使われる「NPPVの基礎」となるモードのお話です。

すいる
しーぱっぷ?
すいる
あれ?人工呼吸器にもなかったっけ?

こういう方のために、現役の臨床工学技士ができるだけわかりやすくお伝えしようかと思います。

 

NPPVのモードの基礎であるCPAPモードについてお話します。

ではでは、今回もはりきっていきましょう!

 

NPPVの基礎はコチラ!

NPPVの基礎!メリット・デメリットを理解する

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

 

こちらのブログもどうぞ

CPAPモードの特徴

 

それではCPAPモードについて見ていきましょう。

 

CPAPモードとは
英:continuous positive airway pressure
自発呼吸にPEEP(呼気終末陽圧)をかけ、吸気・呼気ともに気道内圧が陽圧になる換気様式。
自発呼吸が十分にあり、呼吸仕事量の減少や酸素化能の改善時に用いる。

 

一番の特徴として以下のことが挙げられます。

すいる
ちょ、ちょっと待って!
ねこ先生
どうした?いつもの流れが台無しだぞ!
すいる
これって、人工呼吸器のモードで話した内容とほぼ一緒じゃない?
ねこ先生
…では、次に行ってみよう(余計なことを)。

 

要チェック!

人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

 

改めまして、一番の特徴として以下のことが挙げられます。

 

特徴

  • 気道内圧を一定に保つ
  • 自発呼吸が無い場合は注意が必要
  • 自発呼吸へのサポートは行わない

 

キーワードは、何度も言いますが「気道内圧を一定に保つ」が大いに関係するようです。

CPAPモードの波形・ポイント

 

「気道内圧を一定に保つ」がキーポイントとされるCPAPモード。

では、一体どのような波形になるのでしょうか?

CPAPモードの波形はコチラ。

CPAPの波形

下の波形が陽圧(PEEP)がかかっていない状態です。
上の波形が自発呼吸にPEEPが付加されたCPAPです。

また、このモードの注意点として以下のことが挙げられます。

 

ポイント

  • 患者さんの呼吸回数・吸気時間など、呼吸パターンに依存する
  • 自発呼吸が無い場合は注意が必要

 

すいる
自発呼吸あってのモードなんですね。NPPVで言うと、まるでSモードみたいですね。
ねこ先生
その通り。SモードとCPAPモードはよく似ているんだが、よく見てみると似て非なるものなんだ。
すいる
似て非なるもの?!
ねこ先生
詳しくは次の項で見ていこう。

CPAPとSモードとの違い

 

CPAPとSモードとの大きな違いは、「二相性ではない」という点が挙げられます。

すいる
二相性ってなんだっけ?

 

コチラで復習しましょう。

コチラをチェック!

NPPVのモードの基本|Sモードの特徴や適応を知る

 

自発呼吸ありきのモードという点で共通点はありますが、二相性ではない、つまりPSがないという点においては大きな違いがあります。

すいる
確か、PSって、IPAPとEPAPとの差でしたよね?

 

要チェック!
IPAP-EPAP=PS

 

すいる
そういえば、こんな式がありましたね。
ねこ先生
ちゃんと復習だ!
すいる
それにしても、PSがかからないのならCPAPってどんな効果があるんだろう?

CPAPモードの適応・効果

 

では、CPAPモードはどのような病態が適応と考えられるのでしょうか

 

適応

  • 急性心原性肺水腫
  • 気管支喘息
  • 肥満低換気症候群
  • Ⅰ型呼吸不全

などなど、換気不全を伴わない呼吸不全などでCPAPモードがふさわしいと考えられます。

すいる
Ⅰ型呼吸不全とか、ちゃんと復習しないとなー。
ねこ先生
呼吸不全にはⅠ型とⅡ型があったな。
すいる
ということは、このCPAPというモードは二酸化炭素の蓄積を伴わない呼吸不全に適していると考えられるということですか?
ねこ先生
お、おう…。時々鋭いこと言うよな。

 

このモードの効果はコチラです。

 

効果

  • 呼吸仕事量の減少
  • 酸素化能の改善
  • 機能的残気量の増加
  • 自発呼吸のため同調性が良い

 

すいる
これも、どこかで見たことあるな…。
ねこ先生
そう、人工呼吸器のCPAPの項で説明したものだ。

コチラもチェック!

人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える CPAP療法の基本|CPAP装置を持ってきた際に確認すべき5つのポイント

エビデンスからみるCPAPの有効性

 

これまでは、CPAPの適応について触れました。
では、具体的な疾患別によるエビデンスはどのようになっているのでしょうか。

 

急性心原性肺水腫に対し、NPPV(特にCPAP)を第一選択とすべきである

エビデンスレベルⅠ 推奨度A

※NPPVガイドラインより引用

 

急性心原性肺水腫には、NPPV(特にCPAP)を第1選択として呼吸管理すべき!として、推奨度Aに挙げられています。

すいる
へー。でも「特にCPAP」って言うところが気になるなー。
ねこ先生
どうしてだ?
すいる
じゃあ、他のSモードとかS/Tモードはどうなんだ?と。

 

ここで、NPPVガイドラインを再度見ていきましょう。

下に「bilevel」というワードが出てきます。
難しく考えずに、SモードやTモード、S/Tモードとして見ていきましょう。

CPAP とbilevel PAP のどちらがより効果的かと比較した研究では,ひとつは CPAP,bilevel PAP,マスク酸素投与の順に生存退院率が高いとしている1).もうひとつの研究では CPAP も bilevel PAP も同様な効果を持つとする報告されている2) .しかし,生命予後に関しては,メタアナリシスでも bilevel PAP は死亡率を低下させる傾向にあったが症例数の少なさのため,有効性は確認できていない.

「中略」

いずれにせよ,CPAP は bilevel PAP よりも生命予後の点で有効性が明らかに証明されていて,より簡単な設定で,呼吸器との同調性も考慮しなくてよく,簡単に誰でも対応しやすい.CPAP モードを第一選択とすべきである

※NPPVガイドラインより引用

 

すいる
こう記されていると、CPAPを第一選択として使いたくなりますね。

 

注意
施設により、それぞれの考えや事情などがあるかと思います。CPAPを用いるのかbilevelを用いるのかは、慎重に選択していきましょう。

 

コチラのモードもチェック!

NPPVのモードの基本|Tモードの特徴や適応を知る NPPVのモードの基本|S/Tモードの特徴や適応を知る

 

以下に、「日本呼吸器学会NPPVガイドライン」に記載されている、急性および慢性呼吸不全ごとの推奨度Aの疾患を挙げていきます。

 

急性呼吸不全
  • COPD急性増悪
  • 心原性肺水腫
  • 免疫不全を伴う急性呼吸不全

 

慢性呼吸不全
  • 肥満低換気症候群

 

他にも、推奨度BからCと疾患がそれぞれ設定されています。

すいる
NPPVって、いろんな疾患に用いられるんだなー。

 

NPPVの詳しい説明は、下記の本が参考になります。

created by Rinker
¥2,376 (2019/06/26 18:41:09時点 Amazon調べ-詳細)
すいる
私も参考にしてます!

最後に

 

今回は「CPAPモードの特徴・適応」などについてお話しました。

人工呼吸器のCPAPとはまた違うメリットがあり、NPPVの奥深さを感じますね。

侵襲や非侵襲問わず、それぞれのモードの特徴を知り、人工呼吸療法を楽しく学んでいきましょう!

 

要チェック!

【ササッと復習】人工呼吸器まとめのまとめ

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

 

 

【参考文献】

1)Crane SD, Elliott MW, Gilligan P, et al: Randomised con￾trolled comparison of continuous positive airways pressure, bilevel non-invasive ventilation, and standard treatment in emergency department patients with acute cardiogenic pulmonary oedema. Emerg Med J 2004; 21:155-161

2)Park M, Sangean MC, Volpe Mde S, et al: Randomized,prospective trial of oxygen, continuous positive airwaypressure, and bilevel positive airway pressure by face mask in acute cardiogenic pulmonary edema. Crit Care Med 2004; 32: 2407-2415.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です