キカイガキライ

臨床工学技士の花形?地方で働く私のオペ室業務をご紹介

time 2018/09/20

臨床工学技士の花形?地方で働く私のオペ室業務をご紹介

どうも、クソキカイガキライMEブロガーすいる(@me_swill)です。

 

臨床工学技士は、院内の至るところで働いています。

 

透析センターや心臓カテーテル室、救急センター、ICU/CCUセンター、内視鏡センターなど…。

もちろん病棟にも、臨床工学技士はいますね。

 

今回はその中のひとつである、「手術室」で働く臨床工学技士についてお話したいと思います。

「手術室で臨床工学技士は何をしているんだろう?」と思っている、学生さんや、まだ手術室で働いたことがない臨床工学技士の方に参考になればと思います。

 

当院での手術室における臨床工学技士業務。

出来るだけ、嘘偽りのないお話をしたいと思います。

 

注意事項をひとつ挙げるならば、当院では人工心肺やダ・ヴィンチ、脳外などの最先端治療を行っているわけではありません。

すいる
最先端治療(笑)。

 

地方の総合病院で、そんなに手術件数の多くない、そんなに活気があるわけでもない手術室の実態だと思って頂ければ幸いです。

 

人工心肺の記事を読みたい方は、同じく「CEぷらす」のメンバーである翡翠@誘惑に勝てません。(@mbgbhisui  )さんのnoteがわかりやすいですよ!

https://note.mu/ce_kitamuuu05

>>むーのnote

sponsored link

手術室業務担当の始まりは機器の使用前点検から

 

オペ室の日常

手術室担当者は、朝から手術室の方へと向かいます。

 

当院の特徴として、ほとんどの曜日において、午前中は手術がありません。

なぜならば、外科や整形外科、麻酔科などの医師は、午前中は外来業務に就いているため、午前中は手術に入ることが出来ません。

 

緊急の手術がある場合であれば別ですが、基本午前中は手術室が静かです。

 

その午前中の間に、当日予定されている医療機器の使用前点検を行っていきます。

  • 麻酔器
  • 電気メス
  • モニター
  • ボトル吸引器
  • 内視鏡タワー
  • 顕微鏡
  • 無影灯
  • 処置用ベッド

などなど

 

多岐にわたる医療機器を点検していきます。

 

パルスオキシメーターの原理知りたい?

コチラをどうぞ!

現役MEが教えるパルスオキシメータの原理・使い方と注意点

当日の手術による医療機器のセッティング

 

術式により、使用する医療機器はもちろん変わっていきます。

 

予定している手術室内に、使用する医療機器をセッティングしていきます。

すいる
左膝の手術をするから、この医療機器はここに置いて…。

 

無影灯の位置も、術式によってあらかじめ見やすい位置になるように設置します。

すいる
痔のオペだから、ここら辺に…。

 

部屋により、大きさも異なるためセッティングも大変です。

臨床工学技士のオペ室における臨床業務

 

当院のオペ室において、臨床工学技士が遂行する業務は、先に挙げている医療機器の点検だけではありません。

 

オペ中の臨床業務への立ち合いを行っています。

 

その中の一部を下記に記します。

  • 腹腔鏡装置の操作
  • 腹腔鏡手術時のスコピニスト
  • 自己血回収装置の操作
  • 硝子体手術装置の操作

などなど

 

術中は、基本的にはオペ室からは離れず、臨床業務の他に医療機器のトラブルや患者受け入れ、患者搬送なども行っています。

医療安全への取り組みとしての術中映像記録

 

オペ室の撮影

術中は、臨床業務やトラブル対応の他に、「術中映像記録」の撮影や編集なども行っています。

 

医療安全への取り組みの一環として、また学会や勉強会への資料としても活用されています。

 

看護師や臨床工学技士においても、術中映像から術式の理解や手技のシミュレーション、振り返りなどにも役立てています。

 

当院の術中映像記録装置は、各部屋据え置きではなく、搬送型の記録装置となっています。

すいる
ちなみに、上司と業者の自作となっています。まだまだシステム的には改善の余地あり!

オペの終了後も臨床工学技士の出番

 

当日のオペが終了した後も、臨床工学技士はまだまだ業務があります。

 

オペを施行した各部屋の清掃や医療機器の使用後点検、腹腔鏡のオペがあった際はスコープの洗浄・点検、鉗子類の洗浄・点検などがあります。

 

朝から手術室に閉じこもった業務も、緊急のオペがなければ定時くらいには業務終了となります。

 

手術件数も、年間を通してそんなに多くはありません。

すいる
午前中はオペをしていないからね!

 

ただ、緊急のオペがあったり、オペの延長があったりすると夜中遅くまでかかることもしばしば…。

 

また、緊急のオペで呼ばれることも…。

すいる
電話だー!!!

 

それでも、私はオペ室に入り続けます。

 

なぜか?

 

それが仕事なのだから…。

かっこよく言ってますけど、やりがいは感じてます。ベタですけど、患者さんが元気になる過程を垣間見れるので、周術期の一員としてやりがいを感じています。

オペ室業務を希望するなら声を出してアピール!

臨床工学技士の実際!希望している仕事があるならアピールして評価につなげよう

最後に

 

今回は地方病院における手術室業務をお話しました。

地方の、それも中規模よりちょい下くらいの病院の手術室業務をご紹介しました。

それでも、臨床工学技士の資格を活かして、どうやったら医療に貢献できるか?どうやったらチーム医療の一員として活躍できるかを、日々模索しながら働いています。

 

本来ならば、クリニカルエンジニアリングで掲載されているような、「臨床工学技士のある一日」のような形をとれば、想像もしやすいし、共感も生まれやすいんでしょうね。

ただ、時系列でブログを記載するのって、ホントに大変!苦手!

 

筋トレブロガーであるken(@ce_fitness_note)さんのブログでも、臨床工学技士の日常を取り上げています。

こんなわかりやすいブログをよく書ける…。尊敬するしか!

大学病院で働く臨床工学技士の日常 夜勤編

>>大学病院で働く臨床工学技士の日常 夜勤編

他にも、「透析室編」も詳しく書いてあります。

すいる
すげーな…。

 

ライティングスキルを上げたい今日この頃…。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

sponsored link

down

コメントする




マインド・コミュニケーション

大学院




自己紹介

すいる

すいる

臨床工学技士として、入職し早10数年。インプットは増えども、アウトプットは増えない。 20代30代に出来ることをやっとかないと、40歳以降が本当に怖い。 何でも自分のプラス材料になると考え日々奮闘中です。

効率的な情報収集はコチラ

follow us in feedly



sponsored link