お探しの記事はココ

PEEP(呼気終末陽圧)の基本!メリットとデメリットをサラッと解説

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

今回も臨床工学技士と縁の深い人工呼吸器のお話。

それも、臨床でよく使われる「人工呼吸器の基礎の基礎」となるお話です。

すいる
肺を膨らますやつだよね?
すいる
PEEP?陽圧?なんだーそれ?

こういう方のために、現役の臨床工学技士ができるだけわかりやすくお伝えしようかと思います。

 

今回はPEEP:呼気終末陽圧についてお話します。

ではでは、はりきっていきましょう!

 

人工呼吸器のモードについておさらいしてみませんか?

これで苦手克服!人工呼吸器のモード基礎まとめ

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

この記事によって起きた事故等におきましては、一切の責任を負いかねます。

PEEP:呼気終末陽圧の特徴

 

それではPEEPについて見ていきましょう。

PEEPとは
英::positive end-expiratory pressure
呼気終末に設定した陽圧をかけることにより肺胞虚脱を防ぐ換気様式。
肺容量を増加させ、低酸素血症を改善させる。

 

一番の特徴として以下のことが挙げられます。

 

特徴

  • 呼気の終わりに陽圧を維持することで肺胞虚脱を防ぎ、ある程度膨らませておく

 

キーワードは、何度も言いますが「呼気の終わりに陽圧」が大いに関係するようです。

 

前回お話しました「CPAP」も自発呼吸にPEEPをかけていましたね。

人工呼吸器のモードの基礎!CPAP(持続的気道陽圧)とPSV(圧支持換気)のメリット・デメリットを考える

PEEPのメリット

 

呼気の終わりに陽圧をかけるPEEP。

 

メリット

  • 呼吸仕事量の減少
  • 酸素化能の改善
  • 機能的残気量の増加
  • 換気血流不均衡の改善

 

呼吸器系にはさまざまなメリットが見られます。

臨床の現場ではPEEPのありがたさが身に沁みます。

PEEPのデメリット

 

物事にはイイことばかりでなく、悪いこともある。

PEEPにも当然デメリットはあります。

 

デメリット

  • 心拍出量の低下
  • 陣血流量の減少・尿量の減少
  • 頭蓋内圧の亢進
  • 肺の圧損傷・気胸

 

先ほどのメリットに比べ、呼吸器系以外でのデメリットが目立ちます。

PEEPによる循環系での変化が良いことにも悪いことにも…。

PEEPの設定を考える

 

しばしば臨床の場において、「PEEPどれだけかければいい?」と聞かれることがあります。

すいる
3cmH2O?うーん、どれくらいだろう?

そんな時は、この項を参考にして頂けたら幸いです。

 

注意
ただし、患者さんの病態や施設の考え・方針などさまざまな要因で、今回ご紹介するものからは逸脱する可能性があります。これに関連して起きた事象について当サイトは一切の責任を負いかねます。

 

まず1番に言えることは、患者さんの呼吸器・循環器系の動態を把握・評価しながらPEEPを設定していくということです。

すいる
患者さんを診るということが基本!

でも、やはり何かを参考にしながらPEEPを設定していきたい。

そんな時にはコチラの表を使うのがオススメです。

 

ARDSnet

ARDSnet

PEEP&FIO2 table(ARDSnet)

※スマホの方は見ずらいかと思います。ピンチアウトをお願いいたします。

 

高いPEEPを使用しているtableは、中等度から重症のARDSに対して治療効果が高い可能性が示されています。

すいる
この表を参考にしながら設定してみるのも手だね。
ねこ先生
ま、参考程度にしておこうな。

また、肺補保護の観点から、PEEPの上限値は20cmH2Oに設定とすることが多いようです。

とりあえずPEEPの設定をする際は、この表を参考にするといいかもしれませんね。

最後に

 

今回は「PEEPのメリット・デメリット」についてお話しました。

臨床の現場で使用されない日はないのではないのでしょうか?

PEEPのデメリットもちゃんと理解して、メリットを活かしていきたいですね。

 

人工呼吸器のモードを、それぞれ振り返ってみましょう。

これで苦手克服!人工呼吸器のモード基礎まとめ

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

 

【参考文献】

1)黒木雅大 他 呼吸器ケア.2017年10月号

2)日本呼吸器学会ARDSガイドライン作成委員会 編.ALI/ARDS診療のためのガイドライン.第2版.東京,秀潤社,2010,102p.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です