お探しの記事はココ

大学院への進学|気になる学費や授業料について調べてみた

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

高度な知識や技術を身につける場のひとつに大学院があります。

すいる
大学院には興味があるけど、お金のことが不安だ。
すいる
学費はどれだけかかるんだー!

このように感じる方は必見です。

 

今回は、現役の院生臨床工学技士が大学院に必要な学費についてお伝えします。

ではでは、今回もはりきっていきましょう。

 

要チェック!

学士号がなくても進学できる!専門卒でも大学院へ行ける具体的な方法を紹介

 

注意

ここで記載している事項は、あくまでひとつの参考にして頂けると幸いです。

全ての大学院に当てはまるとは限りませんので、ご理解頂けますことを何卒よろしくお願いします。

大学院は何年間行くの?修士課程は?博士課程は?

 

すいる
そもそも、大学院って何年間行くものなの?

大学院へ進学した場合

  • 修士課程(博士課程前期)
  • 博士課程(博士後期課程)

上記ふたつの過程があります。

 

一般に修士課程は2年間、博士課程は5年間です。

すいる
5年間って長い!

これに、長期履修制度を利用したりすると、大学院在学の期間は長くなります。

 

前回の記事をサクッと

 

「長期履修制度」の活用を検討してみるのもひとつかと思います。

長期履修制度とは

大学院には「修業年限」が定められていますが、働いているために勉強時間の確保が困難などの事情がある場合には、入学から終了までの期間を長期に設定して履修することが可能です。長期履修学生制度は、主に職業や家事に従事しながら勉強をする院生を想定した制度です。

※大学院&専門職大学院ガイドより引用

 

すいる
これを活用し、ゆとりを持った学びの時間を確保できそうだ!

 

また、「早期修了」という在学期間の短縮ができるプログラムもあります。

 

一定の研究業績や能力を有する社会人を対象に、標準修業年限が3年である博士後期課程を『最短1年で修了し課程博士号を取得するプログラム』であり、”頑張る社会人”を大学として応援するもの。

※筑波大学HPより引用

 

すいる
いろいろな制度があるんですね。

参考リンク

参考 社会人のニーズに対応した大学院教育について文部科学省

気になる入学料や授業料など

 

お金がいっぱい

先日の出来事。

すいる
結構な金額でしたよ…。

決して安くはない、大学院にかかる「お金」について触れていきたいと思います。

 

国立大学院の場合

 

国立大学院は、「標準額」というものが定められているため、大学院によって大きな違いはありません。

国立大学院の学費は以下のように定められているようです。

 

  • 入学金:282,000円
  • 授業料:535,800円
  • 受験料:30,000円

 

すいる
国立でこれだけかかるんだ…。

 

私立大学院の場合

 

私立大学院の学費について見ていこうと思います。

すいる
国立では「一律」だったけど、私立はどうなんだろう?

 

  • 入学金:300,000円
  • 授業料:735,000円
  • 教育運営費:211,000円
  • 施設設備費:200,000円
  • 計:1,446,000円

※東海大学大学院HPより抜粋

すいる
おー、ずいぶんと…。

調べてみると、私立では大学院ごとに学費が違います。
進学希望の大学院の情報は、しっかりと収集しておきたいところですね。

奨学金や奨学金返還免除を理解する

 

お金を眺める女性

大学院では、相当な金額がかかることがわかりました。

私のように働きながら、大学院へ行く行かないに関わらず、家庭の財布に影響があることは否めません。

コチラもチェック!

働きながら大学院|職場と調整・相談するポイント

 

奨学金について

 

学費の支払いが困難な学生に対して、「奨学金」という制度があります。

修士・博士前期課程又は専門職大学院課程もしくは博士・博士後期課程又は博士医・歯・薬・獣医学課程であり、経済的理由により修学に困難で優れた学生等であると認められる人。

※独立行政法人日本学生支援機構より引用

 

また、奨学金は以下に分けられます。

  • 第一種奨学金
  • 第二種奨学金

基本的には、卒業後に毎月一定額を返済していかなげればならないのが、奨学金という制度です。

すいる
え?国から借金しているイメージしかないよ…。
ねこ先生
あまり知られていないが、奨学金を返還免除される条件があるのだ。

 

奨学金返還免除について

 

以下に、奨学金返還免除の条件を挙げます。

奨学金免除の対象になるには、ある二つのシンプルな条件があります。

まず、一つ目として、博士前期課程(修士課程)である事です。
俗に言う大学院生ですね。

二つ目は、無利息の第一種奨学金(月50000円もしくは月88000円)を借りている事です。
有利息の第二種はダメですよ~!

※「地方国立大学院生は、奨学金免除の可能性がかなり高いという事実」より引用

 

各大学が返還免除の対象者を選ぶわけですが、「優れた業績」というのはなかなかハードルが高そうです。

ただ、引用元の記事を見ていると、自分でももしかしたら可能性があるのでは?と考えてしまいます。

すいる
下の言葉に勇気づけられます!

 

「日本全体の大学院生の上位30%ではありませんよ。」

 

現在、年に2-3回している学会発表を、継続していくことを当面の目標にしていこうと考えています。

ねこ先生
最低2回なら難しくないかな。

参考リンク

参考 【2019.1.7更新】地方国立大学院生は、奨学金返還免除の可能性がかなり高いという事実!上原賢祐@カオス研究者

最後に

 

今回は「大学院に必要な学費」についてお話しました。

決して安くはない大学院への進学。

進学を希望する大学院について調べてみることが、一番の近道になるでしょうね。

加えて、修士や博士を取得したあとに「どうなりたいか」を深く考ることも必要なことです。

すいる
お金も将来のビジョンも大事…。

 

要チェック!

専門卒から大学院へ!

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です