お探しの記事はココ

働きながら大学院|職場と調整・相談するポイント

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

すいる
不安です!すごく不安です!
ねこ先生
藪から棒に、どうした?
すいる
不安でたまらないのです!

 

仕事と大学院との両立が!

 

私は、社会人として臨床工学技士として働きながら大学院へと進学することとなりました。

 

要チェック!

【ご報告】わたし○○になります!

 

しかし、決まったとはいえ不安なことが尽きません…。

大学院への進学が、今の働き方にどう影響するのか。

まるで目の前に霧がかかったような状況の中で、不安にさいなまれています。

ねこ先生
大学院へ行く前に、職場との調整が必要だな!

大学院へ進学する方、または検討されている方たちに、私が大学院へ進学する前に職場と行った、調整・相談ポイントをご紹介します。

3足のわらじ|パパのち会社員のち学生

 

私は日中働いています。

社会人として臨床工学技士として、朝から夜まで働き、それこそ不規則な業務になることもあります。

 

コチラもチェック!

臨床工学技士になるには?|CE/MEを目指すあなたへ あなたが思う臨床工学技士とは?現役のCE/MEが語ってみた

 

それに加え、春から仕事が終われば、次は大学院で学びの時間が始まる予定です。

すいる
考えてみると、職業が2つになるわけですね。
ねこ先生
そうだな。要は「会社員」と「学生」の2つの職業に就くわけだ。

また、私には家族がいます。

正直、家族との時間を絶対にないがしろにしたくはありません。

しかし、ただでさえ日頃から仕事で家族に迷惑をかけているにも関わらず、大学院への進学により、さらなる迷惑をかけてしまうのではないかと不安でたまりません。

すいる
一体どうなっていくのだろうか…。

働きながら通う大学院への不安

 

では、ここで私が不安に感じる事項を4つ並べていきたいと思います。

すいる
あー、不安だ!
ねこ先生
そんなことばっかり言ってたら、「じゃあ行くんじゃねぇ!」って言われちゃうぞ?
すいる
う…(不安なんだもん)。

 

大学院の学費

 

働きながらと言っても、これは現実的な懸念事項のひとつです。

大学院へ通うためには、入学金から授業料などさまざまな費用による学費がかかります。

すいる
え!?こんなにかかるの?

国立大学院へ通う場合はそこまでの金銭的負担がないのかもしれません。

ただ、確実に家計へのダメージがあることは否めません。

大学院によってはさまざまな補助があるので、活用できれば負担は軽減できるかも?!

すいる
お金の絡む問題は切実だ…。

 

本業への影響

 

昼間は臨床工学技士として平日働いています。

私と同様、働きながら大学院へ通う人のために、「夜間および土日」の開講が配慮されています。

 

大学院の過程においては、教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる

※大学院設置基準第14条より引用

 

よって、仕事が終わり次第大学院へと向かう形に。

すいる
仕事が終われば、後はプライベートだから好きにやってもいいよねー♪
ねこ先生
チョット待って!

仕事が終われば自分の時間。
確かに正しいのかもしれません。

しかし、本業への影響は全くの0なのでしょうか?
いえ、全くの0であるとは思えません。

同僚
え!?残務があるのに!?
同僚
え!?緊急の案件が入ったのに!?

などなど、いくら職場に報告した状態だとしても、「非常に身勝手な行為」または「わがままな行為」であると考える人たちが必ず出てくるかと考えられます。

どのようにして、職場での理解を得られるのか。
いや、これはいかに職場への還元を行えるか。

すいる
うーん、ここは相談するしかないか。

 

家族との時間が減る

 

今までは、仕事が終われば出来る限りを家族との時間に充てていました。

しかし、仕事終わりに大学院・土日も大学院となると、必然的に家族との時間が減ってしまう。

すいる
子どもとの時間は今しかないのに(涙)!

まあ、こんな風に考えるなら「大学院へ行くな!」とご意見が来そうですが…。

出来るだけ、家族との時間は大切にしたい。
でも、大学院へ行くことで多少なりとも、家族に迷惑をかけるのは辛い。

すいる
私のわがままを許して!

 

ブログに向き合う時間が減る

 

すいる
まあ、これは…(笑)。
ねこ先生
こんなブログなんて、更新しようがしまいがどうでもいいだろ。
すいる
う…。

今現在、3日に1回のペースで新しい記事を更新しています。
しかし、これもどうなるのか先行き不透明です。

更新が少なくなったり、パタッとブログが開店休業状態に陥ったりするのかもしれません。

すいる
開店休業状態にはしない!

ただ、おそらくは更新する頻度は下がるかと思います。
これはもう宣言しておくべきかと。

すいる
でも、ブログは続けますよー!

職場との相談|調整するポイントは?

 

大学院へ進学する不安をツラツラと並べても、何も解決しません。

進学する前に出来ることはしようと、先日から上司との調整を始めました。

すいる
上司さん…。実は大学院へ行くんです。

以下に、上司との話し合いを行った事項を簡単に記します。

 

相談事項

  • 残業への対応
  • 待機当番の回数
  • 休日出勤

 

などなど、その他に細かでココでは書けないような事項までを相談し、調整を行っています。

 

MEMO
確実に職場との話し合いをすべきと考えます。

でないと、後々お互いにとって宜しくない結果に行き着く可能性があるためです。

 

すいる
しっかりと話し合いを!

正直、私は結構恵まれている方だと感じました。

上司へ大学院への進学を報告し仕事への懸念事項を相談した際、親身になって対応して頂けました。

すいる
ありがとうございます!

しかし、職場によっては上司の理解を得られない場合や、同僚などからの嫉みや妬みを受ける可能性があるかと思います。

個人的にこのような状況に陥った場合には、転職も視野に入れるべきかと考えます。
実際、上司との相談中には、「転職・退職」というワードを何回か出ましたし。

すいる
話の流れでですよ(笑)。

 

コチラもチェック!

転職経験者が語る!転職を決意した地方の臨床工学技士はこう動く

 

職場へ、正直に不安や想いを伝えることは非常に大切な工程かと思います。

すいる
トラブルになる前に、何度となく調整を行いましょう!

履修許可証の提出や長期履修制度の活用

 

働きながら大学院へ行く上で不安なことがあるのならば、職場への理解が必要だと考えます。

その際に、職場への報告とともに書類での提出も合わせて検討すべきです。

ねこ先生
呼び名はそれぞれだが「履修許可証」や「就学許可証」という、職場に大学院への就学を許可してもらう書類がある。

義務ではないでしょうが、後々のトラブルになる予防のひとつとして役立ってくれる可能性があります。

すいる
念のため出しておこうかな…。

 

その他に、修士課程に2年・博士課程に3年と、最短でも学位を取得するまで5年ほどかかると言われていますが、さまざまな要因により就学が困難になる可能性があります。

そんな時には、「長期履修制度」の活用を検討してみるのもひとつかと思います。

 

長期履修制度とは

大学院には「修業年限」が定められていますが、働いているために勉強時間の確保が困難などの事情がある場合には、入学から終了までの期間を長期に設定して履修することが可能です。長期履修学生制度は、主に職業や家事に従事しながら勉強をする院生を想定した制度です。

※大学院&専門職大学院ガイドより引用

すいる
これを活用し、ゆとりを持った学びの時間を確保できそうだ!

 

また、この長期履修制度を活用することで、授業料の金額を支払う期間が変わってきます。

 

長期履修学生制度を利用すると、たとえば2年の修士課程を3~4年かけて修了したり、1年制の専門職大学院を2年かけて修了したりすることが可能です。この時の授業料は、原則として通常の在学期間分となりますので、この制度を利用して3年間在籍するのであれば、2年分の授業料を3年間で支払うことになります。

※大学院&専門職大学院ガイドより引用

 

申請条件や時期については、学校によってさまざまです。
一度問い合わせをしてみましょう。

すいる
金額が変わらず、長期学ぶことが出来る制度に乾杯!

最後に

 

今回は「大学院へ進学する前に行った職場への相談・調整ポイント」についてお話しました。

何事も経験してみないとわからないことなのは承知の上ですが、やはり初めてやることへの不安感は大きいものがあります。

その不安感を少しでも無くす意味でも、職場との相談や調整は必要不可欠なのかもしれませんね。

また、職場に限らず、家族とも十分に話し合いお互いの負担・不満を軽減できる取り組みも必須!

すいる
さあて、いっちょ前に進みますか!

 

要チェック!

専門卒から大学院へ!

 

ぜひ参考にしてください。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です