お探しの記事はココ

仕事とプライベートを分けて考えてませんか?どちらも「自分」だということを再認識してみよう

キカイガキライ管理人のすいる(@me_swill)です。

 

皆さんも考えることがあるのではないでしょうか?

 

「仕事なんてそんなに頑張らなくていい」

「プライベートの方が大切

 

私もそう思っていた時期もあります。

何が何でもプライベートが一番大切なんだ!

だから、仕事は二の次三の次。お金を稼ぐ手段なんだ!

すいる
仕事人間になりたくない。

そう思っている人は少なくないはず。

 

ただ、今は若干考えが昔と変わったところがあります。

いや、だいぶ変ったのかもしれません。

 

考えが変わったことで、仕事に対する姿勢も大きく変化しました。

今回は仕事に対する考え方。そんなお話。

仕事によってお金という対価を得ている

 

 

臨床工学技士として朝から晩まで、患者を救命することを使命として働く。

臨床工学技士の院内・院外の知名度向上の為に血眼になって働く。

ルーチン業務をただひたすらこなして働く。

 

どちらも共通点があります。

すいる
報酬を受け取って働いている点だ!

臨床工学技士単体でサラリーを受け取ることが出来ません。

よって、何かに属しながら働く必要があります。

 

働くことでお金を得る。

対価を得る。

何一つおかしいものではありません。

 

ただ、働き方は人それぞれ。

血眼になって一生懸命働く。

ルーチン業務をひたすらこなす。

またお金の為に働くのか、世間体の為に働くのか。様々な理由や目的、価値観などがあって、人は働いているのかと思います。

人それぞれのスタンスを否定しない

 

ひとりひとりが、様々な目的や価値観を持って働いています。

ここで1つ注意というか、気を付けるべき事項が。

 

働く目的や価値観などは他人が侵害してはいけないし、してはいけないということ。

決して、自分の考えを押し付けるようなことがあってはならないとも考えています。

 

人それぞれで働くステージも違うし、スタンスも違うのに、自分の考えを強要することはマイナス以外の何者でもない。

すいる
でも、いますよねー。特に上司とか勘違いな先輩とか!!

私も同じような経験があります…。

うるせー!って、正直思いました(笑)。

すいる
うるせー!

仕事に対する考え方が変わるとき

 

今までの私は17時までの就業時間が、少しでも過ぎるとイライラ。

すいる
早く家に帰りたい。
すいる
何はなくとも家に帰りたい。

親が仕事人間だったのもあって、仕事に対して猛烈な嫌悪感しか抱かなかったんです。

 

仕事はテキトー

プライベートを充実させる

 

このモットーとも言える考えを、新卒当時から持っていました。

絶対この考えは変えない。

仕事なんて二の次三の次。

この信念は不変だ!とか、昔は思ってました(笑)。

 

ただ、この考え方をひっくり返すような、ある出会いと気付きがありました。

 

出会いに関してはまた別の記事にするとして。

「気付きとは何なのか」って思いません?

すいる
……聞いてください(笑)。

ふとした瞬間に思ったんです。

 

なんでこうも、仕事とプライベートを無理やり分けてるんだろうと。

どちらも自分じゃないかって?

 

なんで無理やり自分を分ける必要があるんだろう?

頭の中でカチカチとスイッチを切り替える必要があるのだろうか?

 

自分で自分の首を絞めているだけなんじゃないのか、そう毎日を過ごす様になりました。

それだけでストレスになってるんじゃないか?

すいる
変えよう!

自分の薄っぺらい信念を変えてみよう。

一回やってみて違和感を感じたら、元に戻せばいいだけだし。

 

仕事に対しての考え方が少し変わった瞬間でした。

どんな変化があったのか

 

上司から常々言われていることがあります。

ねこ
仕事もプライベートも全力で行け!

あなたの上司はどうですか?

言っときますが、昔の私はもちろん今の私でも共感はしません(笑)。

すいる
全力出したら疲れるだけじゃん。

ほどほどが一番。

 

ただ、自分の興味のあることはトコトンいきたい。

時間も忘れて没頭しちゃいますし、睡眠時間が少なくなっても愚痴や不満を持たずにやれちゃう。

もしかしたら、上司はこういうことを言いたかったのかと。

 

好きなことを興味のあることをトコトンする!

 

おかげでとっても楽になりました。

 

今までは

  • 工具を触る
  • 機械も触る
  • 仕事用にしゃべらない自分を演じる

などなど、何かを我慢しながら仕事をしていた自分を一度解放してみよう。

 

イヤイヤやっていたことや、自分に課していた縛りを無くしてみる!

プライベートの時の自分を極力出す!

すいる
(全部はさすがにまだ出せない)

プライベートでは、好きなことに沢山の時間を使って、やりたいことを色々やってみてました。

この考えを仕事の時にも活かしたらどうなるだろう?

そうすると、意外なことが…。

 

仕事でもプライベートと同じようなスタンスで行うことで、仕事の幅が広くなりました。

仕事は嫌いなこともやらなくちゃいけないという変な風習

 

新卒の時に言われた記憶があります。

ねこ
好きなことだけやってると現場では使い物にならねーぞ。

でも、それは嘘。

 

実際、好きなことや、興味があることをやってる私は色々広がりました。

院内でも院外でも。

知識も技術も幅が出来ましたし、人脈も大きく広がりました。

 

だって、今までの仕事の自分は、自分自身にとてつもなく制限かけてましたし(笑)。

すいる
そりゃあ広がる!

仕事が楽しくなると、プライベートにも良い影響も出てきました。

 

タイムスケジュールもしっかりしないといけないので、メリハリも出ましたし。

仕事のことがプライベートにもつながったり、素晴らしい相互作用を得ています。

プライベートに読んでいたり、勉強していたりしたことも仕事に繋がっています。

 

ずいぶん仕事に取り組む姿勢も変わったと思います。

 

まあ、そのおかげで私の豹変ぶりに戸惑い、敵意剥き出しで来る輩も出来ましたけど(笑)

すいる
そんなのは気にしなーい。シカトー!!

こう思えるのも、考え方を変えた成果かなと。

でも、仕事は何だかんだで制約は受けますけどね。

それはこれからの課題です

将来のことを考える瞬間はあるか?

 

まずはコチラをご覧ください。

 

私の働く施設では、ある年数を超すと退職金が頭打ちになるらしいです。

退職金の為に仕事をしているわけではないですが、考えることはありますよね。

 

頭打ちになった段階で次は何をするのか?

 

そのまま居座ってもいいかと思います。

ただ、私は「次の段階」へ移るつもりです。

 

退職金が頭打ちする時の私の年齢は、50歳前後になるかと思います。

50歳にもなったら、よほど人脈や技術などに自信がないと、転職は厳しいものになると思います。

では、「次の段階」に進む為にどうすればいいのでしょう?

 

転職経験者が語る!転職を決意した地方の臨床工学技士はこう動く

 

すいる
今の年齢から何をすべきか。何をしたいのか?

それを考えて今を過ごしています。

 

いくつか実行していることもあります。

それが将来にどのような成果をもたらすかはわかりません。

が、前進あるのみ!

 

皆さんは将来を考えていますか?

今から何かに取り組んでいますか?

最後に

 

今回は、仕事に対する考え方について私見バリバリのお話をしました。

私はこう思っているという考えを、自分のブログにぶつけてみました。

実際に今働いている方もそうですけど、これから社会人になろうとしている方々に、どうしてもお伝えしたかった。

仕事とプライベートを切り離すと、無理が生じていた私にとってはいい発見をしたなと感じています。

ただ、混同しすぎてわけがわからんくなると、それはそれで危険。

適度な距離感も必要かと思います。

決してこうすべきと強要しているものではありません。

ただし、これだけは強要させて欲しい!

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です