キカイガキライ

新しい環境で臨床工学技士の業務内容を周知し認知度向上を狙おう!

time 2018/08/08

新しい環境で臨床工学技士の業務内容を周知し認知度向上を狙おう!

どうも、クソキカイガキライMEブロガーすいる(@me_swill)です。

 

今年度から「内視鏡業務」を命ぜられて、日々奮闘中です。

私の学生時代には、内視鏡業務について全く触れられていなかったので、未知の世界…。

すいる
SF・TCFってなんだ?

 

新しい環境ではいろいろあるもんです。

迷惑をかけないように、ある程度勉強して新しい業務に就いたのですが…。

ある出来事から、臨床工学技士の知名度ってこんなにも低いだと、思い知らされた出来事がありました。

すいる
なかなか悔しい思いをしましたよ…。

sponsored link

内視鏡でのプリセプターは看護師

 

臨床工学技士として、当院で初めて内視鏡業務に従事する。

もちろん誰も内視鏡について、全く経験したことのない、未知の世界。

上司や先輩に教えてもらおうにも、誰もわからない。

では、誰が内視鏡の業務を教えてくれるのか?

 

看護師

 

内視鏡業務に従事して、〇〇年の大大ベテランの看護師が、私の教育係になってくれました。

 

さすが、看護師。

教育体制はバッチリで、初日から大量の教育スケジュールと課題を渡されました(笑)。

毎日の業務の振り返りや課題の修正など、臨床工学技士として働き出して初めての経験ばかりで、毎日が楽しい日々。

すいる
あー、自分の部署もこれくらいの教育体制が必要なんだな!

 

看護師から、他職種から学ぶべきことは沢山あるんだなと、体験しているところです。

でも、良いことばかりではない…。

新人や中堅必見!プリセプターとプリセプティのコミュニケーションについて考えてみる

臨床工学技士は何者なの?

 

日々の健診の胃カメラから、ERCPなどの治療など、積極的に業務に携わることが出来ています。

しかし、あるささいな出来事から、臨床工学技士の知名度の低さを思い知らされました。

 

この車いすのパンク直せる?

 

出ました。

臨床工学技士=機械屋

この発言がいつかは出ると思ってました。

すいる
施設課の人じゃないんだよー(泣)。

 

まだこの発言はマシな方。

他にも、「水道の蛇口が取れたから修理して」「LANケーブル断線してるから直して」はもう日常茶飯事。

一応、私自身今の職場で臨床工学技士として、幅広く業務に就いています。

【自己紹介】「すいる」ってどんな奴?キカイガキライなMEブロガーだ!

 

もう臨床工学技士を知らないスタッフはいないのかと思っていました。

でも、それは幻。嘘、偽り…。

すいる
めっちゃ悲しい!

 

機械屋って思われるのが本当に辛い!

確かに、機器管理もしていれば、医療機器の修理で機械を直したりもします。

なので、全てを否定はしたくない。

 

でも、機械屋って…

 

せっかく取った国家資格。

国家資格が「車いすを直す為の資格」と認識されていたら悲しいことです…。

あなたはどう伝え、どう対応するか?

 

「車いすを直して」などの発言から、臨床工学技士という職種を伝えねばと思いました。

まず、プリセプターに伝える。

 

知らなかった!

看護師の補助をしてくれるのかと思ってた!

 

やはり、臨床工学技士を知らない場所に来るとこの様に思っちゃうんでしょうね。

他の看護師にも伝えると、みんな合わせて口をそろえて言う言葉がありました。

 

看護師の代わり

 

そりゃあ、元々内視鏡業務に就くにあたっての第一の目的が、緊急内視鏡に携わること。

つまり、内視鏡の待機当番に臨床工学技士が入るということ。

すいる
待機当番の手当てもらってないのに業務が増えていく―♪

 

看護師の人手不足を、臨床工学技士が入ることで、マンパワー不足を解消しようとしているようです。

私たち臨床工学技士が入ることで、病棟へ看護師を送る選択肢も出来るので、看護部としてもありがたいお話なんでしょうね。

 

それにしても、まだまだ臨床工学技士って知名度低いんですねぇ。

 

個人的には「代わり」でもいいんです。

看護師さんの業務を見ていると、本来看護師がすべき業務以外の雑用をばかりやらされている様に見えます。

少しでも看護師の業務負担を、専門性を持って臨床工学技士が貢献出来ればなーと考えています。

すいる
看護師は激務すぎ!

 

(そう思いながら)いつかは臨床工学技士が、内視鏡のメインになってやろうと企んでいます(笑)。

この出来事からあなたはどう思うか?

 

内視鏡に従事している看護師には臨床工学技士の業務内容を伝え、ある程度理解してくれたのかなと思い、日々内視鏡業務を精進していました。

 

すいる
しかし、ある一件で心が折れかけました(苦笑)。

 

 

内視鏡業務に少しずつ慣れ、看護師も臨床工学技士という職種をある程度理解してくれたかな?と感じていた、ある日の出来事。

 

緊急でERCPのオーダーが。

ERCPを実施する為に、ドルミカムによる鎮静下で患者管理を行っていました。

ただ、そこは90歳を超える超高齢者。

ドルミカムをivしてまもなく、バイタルがガッツーンと落ちました。

SpO2やBP、HRなど↓↓

失禁までしており、すぐさまERCPは中止になりました。

 

私自身、心カテやOP、救急に携わっているので急変時の対応は心得ているつもりです。

すいる
これはアカンぞ!さーて、まずは…。

 

こう思った矢先、内視鏡の看護師が放った一言に衝撃を受けました。

スコープさっさと洗浄してきて!

あんたがいても何の役にも立たないんだから!

 

衝撃でした…。

他の現場では、「あなたがいてくれて助かったよ」「来てくれてありがとう」などの言葉を言われていたので、この言葉を最初受け入れられませんでした。

すいる
……人命が優先だ!

 

 

瞬間固まったのを、今でも覚えています(笑)。

ハッと我に返り、とりあえずスコープより患者が優先だと思い行動に移そうとしたところ…。

 

何やってんの!

機械屋はスコープでも洗ってて!

 

めっちゃ悔しかったです。

気付いたらスコープを洗ってる自分がいました。

 

あなたはどう思いますか?

 

臨床工学技士を知らない場所って、意外とこんなものかもしれませんよ?

いくらあなたが優秀で、どんなことが出来ようとも、臨床工学技士を知らないスタッフにとってはただの機械屋。

あなたの肩書などは、ひとつも通じないのかもしれません。

 

業務内容を知ってもらい、信頼を得て、初めて臨床工学技士として働くことが出来る。

今回の内視鏡業務の開拓で色々なことを学んでいます。

今病棟などで働いている環境が、いかに恵まれているのかを改めて再確認できました。

すいる
昔の方の辛さを垣間見ました…。

最後に

 

今回は「内視鏡業務の開拓で体験した臨床工学技士の知名度」というお話をしました。

最後の件で、改めて臨床工学技士が「出来ること」「やっていること」「出来ないこと」を、後日提示しました。

腰を据えて看護師と話すことで、いろいろな課題も見つかりました。

臨床工学技士を知らない現場に行くと、こういう大変さもあるのだなと、今回の内視鏡業務の開拓で学ばされました。

どんなに実績があろうとも、現場のスタッフに理解してもらえないと何も意味がないんだなーと感じました。

すいる
私自身、何にも実績はありませんけどね(笑)。

 

何事も勉強ですね。

とても興味深い経験をさせてもらってます。

今回の件、あなたならどう考え、どう行動しますか?

皆さんのご意見をお待ちしております。

 

ではでは、またいつか逢う日まで…。

すいる
キカイガキライでした。バイ!

sponsored link

down

コメントする




マインド・コミュニケーション

大学院




自己紹介

すいる

すいる

臨床工学技士として、入職し早10数年。インプットは増えども、アウトプットは増えない。 20代30代に出来ることをやっとかないと、40歳以降が本当に怖い。 何でも自分のプラス材料になると考え日々奮闘中です。

効率的な情報収集はコチラ

follow us in feedly



sponsored link